底地は防犯と治安が重要になってくる

底地とは個人が持っている土地や家などを第三者に貸し出し、
代わりに家賃などを得ているものです。
利用者はあくまで一時的な借家として借りている為、
家族が多く一戸建てがほしいが購入はできない人にとっては人気といえます。
しかし底地は自分以外の人間が介入している物件の為
しっかりと防犯対策もしておかなくてはなりません。
例として以前に同じ家を借りている人であれば
内部の構造も死角も把握することが可能です。
また家の中に細工をして盗聴などのリスクもあります。
また多くの方が見学に来ている可能性もあり、
治安が悪い土地だと悪だくみをしている人が見ている可能性もあります。
そのため借りるに当たりしっかりとその土地の治安や建物の
防犯対策をしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です